美肌の王女様

目指せ、20代の美肌!アンチエイジングでいつまでも綺麗でありたい全女性のための健康・美容系レビューブログ

野菜高騰で深刻なビタミン不足!野菜不足解消に青汁飲むしかない

白菜650円、キャベツ398円、レタス(やたら薄い)299円というフザけた価格。スーパーのお野菜が通常の2倍〜3倍に高騰しており、冬のお鍋の主力である白菜が手の届かない高級食材になりつつあります。

健康と美肌を保つためにも、生野菜の摂取は欠かせません。消費税のせいでただでさえお野菜が高かったのに価格高騰でさらに家計が逼迫され、野菜不足を解消しようにも、もうどうすればいいのでしょうか。

野菜高騰はいつまで続くの?原因は?

f:id:mizuemizue23:20161104132917j:plain

わたしだけじゃありません。周りの主婦たちは「野菜、なんでこんなに高いの!?」と絶叫しています。台風や長雨の影響で葉物野菜の産地で不作が続き、とれなくなったせいだとか。つまりは天候不順のせいで、野菜価格の高騰が続いています。

 

農林水産省の発表では葉物野菜の産地である茨城県をはじめ、千葉県、愛知県での生育が平年並みであり、11月中には高値が解消される見込みであると予想しています。(もう11月なんだけど!)

 

は く さ い
茨城県での生育が平年並みであり、他の野菜の高値傾向が解消され、代替需要が落ち着く見込みであるため、11月の価格は平年並みに回復する見込み。

キ ャ ベ ツ
千葉県、愛知県及び茨城県での生育が概ね平年並みであり、他の野菜の高値傾向が解消され、代替需要が落ち着く見込みであるため、11月の価格は平年並みに回復する見込み

農林水産省 野菜の生育状況及び価格見通し(平成28年11月)PDFから引用

 

茨城県って白菜の産地なんですね。白菜がないとお鍋ができません。茨城県の農家様〜!どうか美味しくて普通の値段の白菜をお願いします!!

もやしに頼るしかないのか

f:id:mizuemizue23:20161104133213j:plain

野菜価格の高騰時に、最も安くて頼れる存在が「もやし」です。一袋20円を切る食材とだけあって、節約の味方。栄養素も抜群で、ビタミンCに食物繊維もしっかりとれます。

理想的なリーズナブルな食材なんですけれども、もやしの独特な匂いがあまり好きではなくて、できれば避けたい。我が家ではせいぜい、もやしの出番は焼きそばや生春巻きの具にするくらいです。

あたし、ちゃんとした野菜サラダが食べたいのよ!

f:id:mizuemizue23:20161104133904p:plain

もやしメインでサラダを作っても、心がときめかないし、食べたいのは緑でいっぱいな葉物野菜なんです。(もやし派の人、ゴメンナサイ)レタス、サニーレタス、ベビーリーフ、水菜、ルッコラ、ブロッコリースプラウト。プチトマトにオニオンスライスもつけて、芸術的にキレイなサラダを毎日食べたいんです。(写真はうちの朝のサラダです)

 

山盛りのサラダにごまドレッシングを惜しみなくかけて、バリバリ食べたいです!

 

サラダを朝食べると体がシャキッとするし、見た目がキレイな料理は栄養的バランスも取れていると言いますから、節約を考えずにお野菜を摂取したいですよね。

結論1:価格が下がるまで待つしかない

 

農林水産省が11月には安くなるんじゃない?と言っているので、庶民ができることは安くなるまで待つしかないです。冷凍食品や缶詰を活用しよう!というアイディアもありますが、ぶっちゃけどちらも高上りです。

トマト缶なんて昔は激安で88円くらいで手に入ったのに、今では180円くらいになっていますから二倍ですよ。トマトはお肌にいいリコピンが含まれているから、積極的に食べたいんですけれどもね。

とりあえずできることは、小分けにされて買える値段になっている野菜を買ってちょびちょび使うか、スーパーの値下げコーナーで安くて賞味期限ギリギリの野菜を手に入れてしのぐことくらいでしょうか。

 

結論2:価格が安定している野菜を使う

 

野菜高騰!と言っても、すべての野菜の値段が激上がりしているわけではないです。玉ねぎの産地である北海道は台風の影響も少なく、平年並みで出荷されていますから「玉ねぎ」の活用をおすすめします。わたしは玉ねぎ大好き人間で、サラダには絶対オニオンスライスがほしいタイプ。

オニオンスライスにかつお節としょうゆだけでイケるくらい好きなので、しばらくはオニオンスライスサラダで生野菜は我慢します。

 

結論3:野菜不足は青汁で補う

 

ここ数年、毎朝ずっと青汁を飲んでいます。体がだるいのを治したくて、毎日サラダと青汁を飲むのが習慣だったのですが、レタスが高すぎて泣きそうです。家族にも、新鮮な生野菜を食べさせたいし。

とはいえ、お財布と相談すると今までみたいにバリバリサラダを食べられません。その点、青汁は1杯あたり22円程度ですし、お財布にすごくやさしいです。

ビタミンCやビタミンEなどの成分のほかに、お肌にバッチリなコラーゲンも入っている美容にいい青汁を飲んでいます。水に溶いて飲むだけなので、手軽だし今の青汁はお味もすごくおいしいです。

 

まとめ

食卓に直結する野菜価格には、主婦なら敏感にならざるを得ませんよね。代替食品を活用したり、節約にも限界があるので切実ですが、自分と家族の健康を守るためにも栄養不足・ビタミン不足には気をつけたいものです。

  • 野菜価格の高騰は農林水産省によると11月中には落ち着く見通し
  • 美味しい山盛り生野菜サラダは、価格が下がるまではおあずけ
  • 小分け野菜や比較的安定価格の野菜で当座をしのごう
  • 野菜不足ぶんについては青汁を飲もう

青汁は体にいいのは間違いないんですが、やはり生野菜には叶いませんし、早く野菜価格が落ち着いてくれればと思います。

主婦のみなさん、厳しい状況ですが工夫してなんとか乗り切りましょう!!